海外FX人気業者


NDDアカウント内でも選択の幅があるという特長

joigser オンラインFXのスタンダードは、間にディーリングデスクをはさむ従来の方法からNDD、ノーディーリングデスク方式へ主人気を移してきています。NDDでは、参加者同士でマッチングが行なわれるECNと、参加者にカバー先を加え、さらに取引の安定性を増すSTPがありますが、ペッパーストーンではそれぞれアカウントを割り振り、NDDアカウント内でも選択の幅があるという特長を持ち合わせています。

また、電子商取引ネットワークを利用する口座を開設する際の初回の最低入金額が、他社と比べてもかなり低い200ドルというのも見逃せないポイントです。日本円で10万円以上ということになると、ちょっとハードルが高すぎる、という方も多いのではないかと思いますが、2万円程度であれば、チャレンジしやすいはずです。

また、相場の変動が激しくなるような状況下においても、ペッパーストーンが自社メリットとして前面におしだしている「低スプレッド」が保たれている、という評価も受けています。これに関しては、通常、数行のバンクへのコネクションのみでネットワークを運営している業者が多い中、ペッパーストーンでは大手バンク22行へのコネクションを持っている、ということが影響しているといわれています。いずれにせよ、他業者との大きな違いといえるでしょう。


あるトレーダーの声

  • 株の取引を、主にデイトレードでやっています。しかし本当は、長期保有の方が手数料がかからず利益を出せそうに思うし、取引の余裕も出来ると思うし、なにより長期保有の方が株式取引の本質のように思っています。

  • よって長期保有での勝負もしたいのですが、レートを見ていると、不安になってやきもきすることも多く、焦ってしまいます。焦ってしまい結果的に、損切りで、売ってしまいます。私には長期保有は性格的に、向いていないように感じています。

メタトレーダー


ペッパーストーンでは、今世界でもっともポピュラーなトレードプラットフォーム、メタトレーダー4を採用しています。


メタトレーダー4は、高機能なトレー ドツールでありながら、利用は初心者トレーダーでも簡単にでき、直感的な取引から、取引のタイミングを逃さない24時間取引が可能な自動取引まで、自分の 生活スタイルとトレードスタイルにあわせた利用ができる優秀なプラットフォームです。


PCだけでなく、モバイル用のツールもあるので、ちょっとした時間を使って取引を楽しむことも可能です。モバイル対応は、iPhone、iPad、Android、BlackBerryを網羅しています。

以前のアカウントではできなかった「ワンクリック決済」にも対応し、さらに使い勝手を増しているペッパーストーン。口座開設も原則60分以内と迅速に行なえるので、やってみたいと思ったときにすぐはじめられる手軽さも魅力です。