海外FX人気業者


損をしないためにナンピンを避ける

oiurewre あまりお勧めできない投資の手法に「ナンピン」があります。ナンピンとは、自分が持っている株が下がってしまった場合にその銘柄を手放すのではなく、逆に購入数を増やすという手法です。これはいわゆる「やってはいけない投資方法」として知られているので注意したいところです。

ナンピンは、今は下がってもこれからまた上がるかもしれないのだから逆に安い時に買ってしまえという心理状態からやってしまいます。これだけ聞けば確かに値が上がることを前提とすれば得をするのでは?と思うのですが、やはり良くない理由があります。
まず具体的な例を挙げて、値下がりしている銘柄を買い続けるとどうなるかを検証してみましょう。

ある株を100円で購入したとします。平均的な購入額は100円となりますよね。この株が値上がりして120円になれば20円の利益が出ることになりますし、値下がりして80円となり、この時点で売るとすると20円のマイナスになります。

では、株が70円まで下がってしまった時にナンピンするとどうなるか考えてみます。100円だった株を70円で手放すとなると、30円のマイナス損失を出すことになります。本来なら100円だったのですから30円の回復を見込めないと厳しい状況です。

しかし、ここで70円の株を追加購入=ナンピンした場合手元には「100円で購入した株」と「70円で購入した株」の2株があることになります。どちらも同じ銘柄ですが価値が違うことになり、平均購入額を計算すると100円+70円=170円÷2=85円です。さて自分が持っている株の価値が少し上がったことに気がつきませんか。平均購入額が85円になったことで、あと15円回復すれば損失が0になるのです。

70円にまで下がった1株なら30円回復が見込めなければ損失、しかし追加購入して平均購入額が85円になった2株なら15円の回復が見込めれば損失0となるのです。この数字だけで考えるとナンピンはリスクを軽減してくれるなかなか良い投資方法なのでは?と思われます。しかしではなぜナンピンがあまりお勧めできない投資方法としてあげられるのでしょうか。

100%ナンピンがダメな投資方法だというわけではありません。追加購入した分だけ株価の価値は上がることになりますし、同じナンピンしようと考えている人が多ければまた株価が大きく上昇する可能性もあります。株価の変動は理由が様々ありますから、ナンピンしたから助かったということもなくはないのです。

それでもナンピンがお勧めできないのは、何よりその株価が下がり続けていく場合が多い傾向にあるからです。一度下がるとそのスピードは速く、なかなか上昇傾向にならないといったことはよくあることです。
ナンピンがリスク軽減に役立つのはあくまでも株価が上がった時のみ。下がり続ける場合にはリスクもどんどん増長していくのみです。話しを戻して仮に1株50円にまで下がったことをイメージしてみて下さい。更にナンピンすると100円+70円+50円=220円÷3=70円の平均購入額となり30円の回復が見込めなければ3株分の損失は0になりません。株が下がり続けていけばこの数字はどんどん遠ざかることになりますし、難しくなります。購入すればするほど損失を買っているのと同じことになってしまうのです。

投資はリスク分散して行うことが第一ですが、このリスク分散のような手法に見えるナンピンは、実は一つの銘柄に依存状態になってしまっていることを頭に入れておいて下さい。リスク分散どころかリスクを集中させてしまっているのです。これはギャンブルで負けている人が次こそは勝てると同じものにお金をつぎこむ典型的な失敗例に似ています。

下がっているからいつかは上がる、負けた次は勝てるという法則はありません。ナンピンがいかにリスク分散に向いていない投資手法であるということを理解しておきましょう。




あるトレーダーの声

  • 株の取引を、主にデイトレードでやっています。しかし本当は、長期保有の方が手数料がかからず利益を出せそうに思うし、取引の余裕も出来ると思うし、なにより長期保有の方が株式取引の本質のように思っています。

  • よって長期保有での勝負もしたいのですが、レートを見ていると、不安になってやきもきすることも多く、焦ってしまいます。焦ってしまい結果的に、損切りで、売ってしまいます。私には長期保有は性格的に、向いていないように感じています。

スマートフォンなどのモバイル利用にも対応


先ほどビギナーライクと書きましたが、24オプションは決して初心者専門のブローカーではありません。24オプションでは非常にたくさんの銘柄を扱っており、通貨ペアでは円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、カナダドル、株式ではソニーなど国内の有名企業はもちろんアップル、グーグルといった海外の有名な大企業も取り揃えられています。FTSEなどの株式指標や、金、穀物、原油といった先物までカバーされており、この銘柄の豊富さは上級者にとっても十分に満足できる内容であるといえるでしょう。

スマートフォンなどのモバイル利用にも対応、口座入金はクレジットカードのほか電子マネーも利用できるので処理は非常に迅速です。さらに面白いのは通常取引が行われない週末日でもウィークエンド・ポジションとして取引が行えるという点。じっくり予想をしながら週明けを楽しみに待つことができます。

このように24オプションは日本の規制に縛られない自由なサービスとユーザーフレンドリーな仕様で多くのトレーダーの支持を受けています。最大88%というリターン率の高さは、まさにブローカーとしてのポテンシャルの高さを裏付けています。う。