海外FX人気業者


FXとレバレッジ

oiurewre FXは、2つの異なる通貨を売買し、外国為替市場の為替相場の変動を利用して利益を求めていく投資取引であり、比較的少ない資金で始められることから、最近人気を集めている金融商品になります。

FXにはレバレッジと呼ばれる仕組みがあり、これを使うことで投資した資金よりも大きな取り引きを行うことができます。
これにより、値動きの小さな通貨でも利益を上げることができたり、少ない資金でも十分な取り引きを行うことができるのです。
このレバレッジの設定は、国内、国外に多数あるFX取引業者により様々なのですが、国内では規制により最大25倍、国外ではその規制がないため数百倍のレバレッジが用意されていることもあります。

例えばこれを使えば、1ドル100円の為替相場があった場合、元資金が10万円であれば1000ドルしか取り引きができないところを、国内最大のレバレッジであれば250万円分の取り引きが行えることになります。
これが海外であれば、例えば400倍のレバレッジが掛けられれば4000万円の取り引きが行えることになります。
仮に先の為替相場が1ドル101円になった場合、同じ10万円の投資であっても、レバレッジを使わなければ1000円の利益、25倍のレバレッジなら2万5千円、400倍のレバレッジならば40万円の利益を上げることができるのです。

このレバレッジにより、FXでは大きな利益を掴むことが可能ですが、為替レートが損失になった場合には、その利益の大きさの分だけ、損失も大きくなってしまうのです。

先の例の為替相場が1ドル99円になった場合を考えれば一目瞭然ですが、レバレッジを使用しない場合は1000円の損失、25倍なら2万5千円の損失、400倍なら40万円の損失になってしまいます。

こうした事から、レバレッジの取り扱いには細心の注意が不可欠であり、しっかりとした分析と予測が立たない取り引きの場合には、レバレッジを使わないという選択をするなどして、リスク管理を行っていく必要があるのです。




あるトレーダーの声

  • 株の取引を、主にデイトレードでやっています。しかし本当は、長期保有の方が手数料がかからず利益を出せそうに思うし、取引の余裕も出来ると思うし、なにより長期保有の方が株式取引の本質のように思っています。

  • よって長期保有での勝負もしたいのですが、レートを見ていると、不安になってやきもきすることも多く、焦ってしまいます。焦ってしまい結果的に、損切りで、売ってしまいます。私には長期保有は性格的に、向いていないように感じています。

スマートフォンなどのモバイル利用にも対応


先ほどビギナーライクと書きましたが、24オプションは決して初心者専門のブローカーではありません。24オプションでは非常にたくさんの銘柄を扱っており、通貨ペアでは円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、カナダドル、株式ではソニーなど国内の有名企業はもちろんアップル、グーグルといった海外の有名な大企業も取り揃えられています。FTSEなどの株式指標や、金、穀物、原油といった先物までカバーされており、この銘柄の豊富さは上級者にとっても十分に満足できる内容であるといえるでしょう。

スマートフォンなどのモバイル利用にも対応、口座入金はクレジットカードのほか電子マネーも利用できるので処理は非常に迅速です。さらに面白いのは通常取引が行われない週末日でもウィークエンド・ポジションとして取引が行えるという点。じっくり予想をしながら週明けを楽しみに待つことができます。

このように24オプションは日本の規制に縛られない自由なサービスとユーザーフレンドリーな仕様で多くのトレーダーの支持を受けています。最大88%というリターン率の高さは、まさにブローカーとしてのポテンシャルの高さを裏付けています。う。